フコイダンのサプリメントを選ぶ|健康な身体のトリセツ

メンズ

ごまの中の体にいい成分

ごま

基調な抗酸化成分

ごまが体にいいことは、日本では昔から知られていました。その中で、特に注目されている成分がセサミンです。ごまにしか含まれていないゴマリグナンという成分には、セサミン・セサモリン・セサミノール・セサミノール配糖体という様々な成分でできています。その中でセサミンは、肝臓に到達すると抗酸化成分に変身して働くという特徴があります。注意点としては、ごまを大量に食べたからといってセサミンを効率よく摂取できるというわけはありません。セサミンはごまの成分の中のわずか1%以下にしか満たないためです。ごまの成分の半分が脂質であり、ごまの油も体にいいとされていますが、摂り過ぎはやはり良くないと言えます。セサミンを効率よく摂るには、やはりサプリメントが役立ちます。

美容にも役立つ成分

セサミンには、血液中の善玉コレステロールを活性酸素の力から守り、血液をサラサラにする働きがあります。善玉コレステロールは血液中の悪玉コレステロールを回収する役割があり、うまく働かせることで生活習慣病の予防になります。また、美容にも非常に役立ちます。肝臓は消化器官の一つであり、エネルギーを作り出す代謝と、体の中の余分な成分を排出する解毒作用の働きをしています。何らかの要因でこの肝臓の機能が低下すると、体内に余分な成分が排出されなくなってしまい、それが続くと吹き出物や肌荒れが起きてしまいます。セサミンが肝臓で抗酸化の働きをし、肝臓の機能を充分働かせることで、美しい肌を保ち、美容にもいい効果があります。